旅行先を選ぶのにVRが用いられる

海外旅行や国内旅行を楽しみたいと考えている人は多いです。
旅行会社の店舗に行ったりインターネットサイトに行くといろいろな旅行先の情報があります。
これらの情報の基本は無音の写真情報に文字情報を加えたタイプが多くなります。
パンフレットなどはキレイな写真などがふんだんに使われていて行きたくなる気持ちを掻き立ててくれますが、実際に行ってみると想像以上に感じるときもあれば、想像していたよりも良くないときもあるかもしれません。
旅行先を決めるアイテムとしてVRが使えるケースがあります。
いろいろな旅行先の情報が用意されていて、VRの装置を使って実際に体験ができます。
ただ写真を見るだけでなく、実際にその地に立った時にどんな風に見えるのか、アクティビティなどはどんな楽しみがあるのかを仮想体験できます。
あくまでも仮想なのでつかめるのは雰囲気だけです。
あまりにリアルすぎるとそれだけで満足してしまうので、実際に行きたくなる気持ちを持てる仕組みになっています。