医療の世界でも利用されているVR

VRというとゲームに利用されているという感覚でしょう。
リアルな世界を体感することができるので、ゲームで利用をするというのはメリットがあります。
しかしゲームだけではなく、最近では医療の世界でも利用をされることがあります。
医師がVRを使って手術のシミュレーションを行うということもありますし、内視鏡などの検査の技術を磨くために利用をするということもあります。
また患者が自分の体の中をリアルに見ることができるということもあります。
手術を行う前にどんな感じになっているのか、データを入力してVRで再現をすることによって、自分の体の中を立体的に見ることができる、ということがあります。
どこの医療機関でも利用をしているわけではないので、特定の医療機関に限定されてしまいますが、それでも自分の体を知るということができれば、治療に関する知識も得ることができるでしょう。
対応をしているのかどうか、医師に相談をしてみるのもよいかもしれません。